まずは、弊社が制作した治療説明動画の事例を患者さんになったつもりで、ご覧ください

よつば歯科クリニック 様(東京都江戸川区)

よしだ歯科 様(大阪府箕面市)

こさか歯科クリニック 様(兵庫県伊丹市)

患者さんになって動画を見た感想はいかがでしょうか・・・。そう、すごいんです!

保険診療に頼るのはリスクか!?

先生もお気づきだと思いますが、保険診療では歯科医院に利益が残りにくいのです。
1本の歯をエンドからFMCの補綴までしても歯科医院に利益があまり残りませんよね?

しかしながら、自費診療においてはそうではありません。
自費エンドは、費用対効果が高く、ジルコニアクラウン1本で約8~10万円の利益を出すことも可能です。

保険制度が崩壊すると言われている状況で、保険診療だけに固執するのはもしかすると危険なのかも知れません。
(この辺りの未来はわかりませんが)

医院経営のゴールである利益を確保するということが大事であるという点は、先生も同意をして頂けると思いますが、
院長先生、あなたは経営者として患者さんにどんな治療を勧めますか?

「黒飛先生、自費が良いのはわかるけど、なかなか患者さんが同意してくれない…」

それ分かります! 僕も最初はそうでした。

しかしながら、ある法則を理解すると技術がある先生であれば自費率は向上することができるのです。
(技術が最低限の条件ですが)

こんな自費診療のお悩みありませんか?

1自費の契約を増やして、もっと自費率を上げたい・・・。2患者さんに断られたくない、売り込みと思われたくない・・・。3模型や市販の説明ツールを使っても伝わらない・・・。4スタッフや勤務医に自費診療の説明のレベルを上げてもらいたい・・・。5毎回、衛生士がホワイトニングの説明に20分以上かけている・・・。6治療説明を省略すると、後から患者さんのクレームになる・・・。 次へ

次へ

それらの解決策が、デントランスが提供する「治療説明動画」なんです。

これは、院内の患者さんに向けてホワイトニング、インプラント、矯正など
自費診療のどんなものでも、先生の歯科医院のサービスを動画で伝える方法です。

院内のチェアサイドのモニターや、iPad等のタブレット、待合室のモニターに流すことで、
静止画で説明する5000倍以上の情報量を単位時間当たりに伝えることができるものです。

先生、自費診療の説明をする時って、多少なりとも心の中の抵抗がありませんか?

「売り込んでいると思われていないか・・・」
「あそこの病院は、自費ばかり勧めてくると思わないか・・・」

実は、治療説明動画はその先生の心のブロックも解決します!

治療説明動画は見せるだけなので、患者さんにはより分かりやすい説明を提供しているだけ
つまり、

全く、売り込みにならないのです!

サービス説明画像

こんにちは、株式会社デントランス代表 歯科医師として
歯科専門コンサルタントをしている黒飛 一志(くろとび かずし)です。

2008年に、Los Angelesで最新の動画マーケティングと出会い、
それ以降、歯科業界に歯科医院の患者さん向け動画や求人動画を発信し続け、
2018年1月の時点で500医院以上の歯科医院の動画を制作させて頂きました。

私の10年のプロモーション動画の研究と検証の結果が、
この“ 治療説明動画”なんです。

先生が「治療説明動画」を作ると得られるメリット。自費コンサルの成約率が上がる!つまり、自費率アップ、売上が上がります。あっという間に情報が伝わる動画で、患者さんの不安や疑問をすぐに解決します。動画を見せるだけなので、どのスタッフでも同じ説明や、間違いのない説明が行えます。新人のスタッフや受付スタッフでも、患者さんに自費診療の説明ができます。スタッフ・勤務医教育の時間が激減し、生産性もあがります。診療時間が押したときに、動画を見てもらうだけで、患者さんを待たせないで済み、自費売上の向上につなげられます。患者さんが動画を見ている間、滅菌や実地記録の記入など他の業務ができ残業がなくなります。広告のガイドラインが厳しくても、院内で見せるので患者さんの声やビフォーアフターが出せます!

「こんな夢みたいな話は、信じられない」と、あなたは思うかもしれません。
売上が伸びない、コンサルがうまくいかない、スタッフ教育に時間がかかるなど
先生の悩みを瞬時に吹き飛ばしてしまう「 治療説明動画」があれば、今後、経営で悩むことはなくなるでしょう。

いや、悩むどころか、

「真っ先に地域で選ばれる歯科医院」となり、ライバル歯科医院よりも患者さんを引き寄せ、
大幅な売上アップを果たすことができるのです。

先生やスタッフが話すから患者さんが親近感を感じるのです!

既製品のものではなく、わざわざ先生やスタッフが出演して作ることが大事です。
このわざわざ感が、患者さんに、「ここの歯科医院はすごいのでは」と思わすわけです。

メーカーから配られた動画に出ているモデルとは違い、院長やスタッフが話をしている治療説明動画ですので、
患者さんは親近感を感じますし、こんなクオリティーの動画を作るくらいだから、
この治療法は一般的に広く受け入れられている治療なのではないかと思って頂き、
興味深く動画を見てくれるようになります。

今までは話をあまり聞いてくれなかった患者さんも、動画なら見てくれる患者さんも多いはず。
つまり、コンサルティングさえ出来なかった患者さんという新しい層にアプローチできるようになりますし、
大きく見ると、先生の地域の患者さんのデンタルIQを底上げすることにもつながり
患者教育や地域医療に貢献できるわけです。

先生やスタッフが話すから患者さんが親近感を感じる「デントランスの治療説明動画」

治療説明動画の9つの活用方法!

(1) QRコード集にして、初診セットに入れる(2) QRコード集を院内に掲示する(3) 院内の待合室のモニターに流す(4) 自費コンサルティングで使用する(5) 施術前の事前説明に使う(6) 患者さんにメールやSMSを送る(7) ホームページに設置する(8) DVDに焼いて、患者さんに配布する(9) 口コミ名刺に動画QRコードを入れて、配る

動画完成時には「動画活用の極意」をお送りします!

などなど、
治療説明動画動画を作れば、患者さんの
デンタルIQの向上、スタッフ教育、マニュアル化など
歯科医院における課題をほとんど解決できます!

どんな診療サービスでも制作が可能です!デントランスの制作事例をご覧ください

プレミアム・メンテナンス」説明動画
静岡駅前歯科クリニック様(静岡県静岡市)

セレック治療」説明動画
早野歯科クリニック様(岐阜県)

補綴・セラミック治療」説明動画
MAEDA DENTAL CLINIC様(岡山県岡山市)

成人矯正」説明動画
医療法人健晃会様(東京都江戸川区)

インビザライン」説明動画
笹木歯科クリニック様(福島県福島市)

小児矯正」説明動画
医療法人健晃会様(東京都江戸川区)

トータルヘルスプログラム」説明動画
よしだ歯科様(大阪府箕面市)

歯質強化治療(レーザー)」説明動画
ますだ歯科医院様(鳥取県鳥取市)

ダイレクトボンディング」説明動画
たなか歯科クリニック様(愛知県名古屋市)

デンタルエステ」説明動画
こさか歯科クリニック様(兵庫県伊丹市)

点滴療法」説明動画
フレンズデンタルクリニック様(東京都杉並区)

栄養療法」説明動画
神田中央通りいけむら歯科医院様(東京都中央区)

オーラルヘルスセラピー」説明動画
神田中央通りいけむら歯科医院様(東京都中央区)

ドックベストセメント治療」説明動画
ますだ歯科医院様(鳥取県鳥取市)

訪問歯科診療」説明動画
小島歯科様(愛知県尾張旭市)

遺伝子検査」説明動画
ますだ歯科医院様(鳥取県鳥取市)

定期健診」説明動画
タキノ歯科医院様(京都府京都市)

患者様へのお願い」説明動画
土田歯科医院様(石川県加賀市)

SKY10、オリゴスキャン」説明動画
ますだ歯科医院様(鳥取県鳥取市)

酸素カプセル」説明動画
ますだ歯科医院様(鳥取県鳥取市)

紙や市販の説明ツールではなく、「治療説明動画」でなければならない理由

おそらく、先生は患者さんに自費診療の説明をするときに、模型や図表、パソコンで作った説明ツールや、
市販の説明ツールを使用していると思います。

ある一定の自費診療の成約率を出されていると思います。

しかしながら、先生の隣の歯科医院の院長はコミュニケーション力が低いにもかかわらず、
「治療説明動画」を使って、先生よりも楽に、簡単に、
より多くの患者さんに自費診療に同意して頂いているかもしれません。

なぜか?

それは、紙や模型、市販のツールでは、患者さんの理解できる量・質に限界があるからです。

紙や画像、市販の説明ツールで患者さんに説明するデメリット
  • コンサルや治療の説明する度に毎回、違う説明になっている・・・
  • 伝わる度合いが、患者さんの理解力に依存する・・・
  • スタッフのレベルによって、説明のクオリティーが変わる・・・
    (出来るスタッフの時は患者さんには伝わるが、新人や慣れていないスタッフの時は
    結局、院長や他のスタッフが説明することになったりする・・・)
  • そもそも紙や模型では、実際と違うので伝わらない・・・
  • 他の歯科医院と同じような説明になって、患者さんからするとまた同じだとなっている・・・

しかし、治療説明動画は違います!
誰が説明しても、動画ですので同じ説明になりますし、同じクオリティーになるのです。
しかも、患者さんの理解力も大幅にアップします。
ですので、治療説明動画を使うことで、紙などの説明ツールのデメリットを大きくカバーできるのです。

ただし、

治療説明動画なら何でも良いわけではありません

見る気が失せる低品質な治療説明動画を患者さんに見せることは逆効果となることもあります。

例えば、ハンディーカメラやスマートフォンのカメラで撮影した動画。
手軽に、簡単に撮れるところは良いのですが・・・個人撮影したのがバレバレです。

お伝えした通り、治療説明動画は、院長、スタッフのお人柄さえも伝えることができます。
それだけ訴求力が大きいのですが、諸刃の剣にもなります。

つまり、完成度の低い、稚拙な動画を見せれば、先生、スタッフの人柄も伝わらないどころか
患者さんの自費診療に対する不安や疑問が払拭されずに、自費診療につながらなくなるのです。

しかも、一度でもそう思わせると、おそらく、患者さんは二度と自費診療を選択することはないでしょう。

ですので、単なる「治療説明動画」ではなく、
しっかりと考え抜かれた「治療説明動画」でなくてはならないのです!

サービス説明画像

デントランスの考え抜かれた治療説明動画5つの特徴

紙や画像、市販の説明ツールを超える、患者さんに自費を選んでもらうため、
また、歯科医院の先生が受け入れやすい治療説明動画を、デントランスが創り上げました!

特徴その1既に500以上の歯科医院の動画を制作した、デントランスの動画編集チームと黒飛が創り上げる、先生の歯科医院にオンリーワンの治療説明動画です!特徴その2中学校時代、3年間、国語の通知簿がオール5だった(笑)、日本語が得意な黒飛が先生の商品動画の台本を作ります!特徴その3黒飛が世界一のコーチ、アンソニーロビンズから学んだ心理学で患者さんが自費に同意する、動画構成と台本を作ります!特徴その4全国に動画編集チームのネットワークがあるので、全国対応が可能!他の業者ならかかる交通費もかかりません!(一部、対応できない場所あり)特徴その5院長、スタッフが出演やナレーションする形式を採用し、患者さんに親近感を感じてもらえます!

「治療説明動画」がなぜこれほど威力があるのか、理解して頂いたところで、
つぎはどのように患者さんを呼び込み、売上をアップできるのか、その実際の流れをみていきましょう。

「治療説明動画なんて・・・自分にはとても作れなさそうですが、大丈夫でしょうか?」

という方もご安心ください。

簡単!治療説明動画の制作の流れ

お申し込みはこちらをクリック

治療説明動画の威力と制作の流れを先生に理解頂ければ、あとは価格のみです。

このような歯科医院ごとのオリジナル動画を

映像制作の業者に頼むと制作費が高すぎる・・・

のが現実です。

最近、テレビ局の下請としてテレビCMを作っている制作会社が、
「治療説明動画を作りませんか?」と先生の歯科医院にも営業電話をかけてきたかもしれません。

彼らに頼めばそこそこレベルのクオリティーの説明動画を作ってくれるのでしょうが、いかんせん高いのです。

ちなみに、大手制作会社になると、15秒のCMに数百万円(高いもので1000万円)ほどの制作費を
もらうそうで、治療説明動画の制作でも5分前後で 80~100万円前後が世の相場です。

しかも高い上に、問題なのが、患者さん目線の治療説明動画のシナリオを知りません

実際にある歯科医院では、そういった高いコストをかけて作ったが、残念ながら患者さん心理を
理解していないなぁという治療説明動画がチラホラ見つかります。

しかしながら、この問題を解決するべく、デントランスでは、
歯科医院のための治療説明動画制作サービスを開始致しました!

デントランスだからできる、治療説明動画を低価格で制作します!

例えば、先生がインプラント治療説明動画を作り、インプラント患者さん月に1人の契約が決まったとします。
インプラントの平均本数が1.8本とし、その売上が60万円と仮定でき、
年間で720万円の売上につながりますので、
治療説明動画の1本の価格を最低100万円以上としても良いかと思いました、が

「全国の自費の売上に悩む先生にぜひ、活躍してもらいたい。」
「歯科医師をなりたい職業NO.1にしたい」

という、デントランス立ち上げ当初からずっと、私たちが持っている想いを大事にしたいと思い、
弊社の利益を最小限にすることで、 低価格を実現しました!

治療説明動画制作 1本 32.4万円(税込)※ 全国どこでも、交通費無料! (ただし、事例紹介にご協力ください)

お申し込みはこちらをクリック

「インプラント1本決まるので、すぐペイします!」

インプラント単価40万円とすれば、
平均的な歯科医院 1日25人の患者数のうち、欠損のある患者さんに、
インプラントの動画を1回見せるとして、
1ヵ月実日数22日で、1ヵ月で22回、使えます。

それだけで、インプラン1本が決まることはわかりますね。

つまり、治療説明動画は制作すれば必ずペイするものなのです。

「せっかくなら、たくさん治療説明動画を作りたい!」

と言われる先生も多かったので、効率的に制作出来る
セット価格をご用意しました。

治療説明動画価格表

多くの歯科医院さんが平均4本の治療説明動画を一緒に依頼をして下さるので、
その場合は以下のようになります。

例えば、ある歯科医院さんは、「ホワイトニング、セラミック治療、インプラント治療、自費CR治療」の
4つの治療説明動画を制作しました。

例えば、治療説明動画が完成した初月に患者さんに使用すると、

ホワイトニングが初月に3人決まる 6万円(税込)×2人=18万円(税込)
セラミック治療が初月に2人決まる 10万円(税込)×2人=20万円(税込)
インプラントが初月に1人決まる 50万円(税込)×1人=50万円(税込)
自費CRが初月に3人決まる 4万円(税込)×3人=12万円(税込) 

このような感じの結果が出ます。

・ホワイトニング初月3人6万円×2人=18万円・セラミック治療初月2人10万円×2人=20万円・インプラント初月1人50万円×1人=50万円・自費CR初月3人4万円×3人=12万円・売上合計(初月)100万円・治療説明動画制作費用100万円

1ヵ月目から自費診療の売上100万円が追加され、制作費用が初月からペイします
また、年間1200万円の売上が、108万円でできると考えることもできます。
しかも今後ずっとそれが続くのです・・・先生、治療説明動画、スゴくないですか?

それくらい威力のある「治療説明動画」なのです。

先生が治療説明動画の作り方がわからなくても、マーケティングの経験や知識がなくてもOK。
自費診療を提供する技術力と、 「治療説明動画制作」にお申込み頂ければ、
あとは、黒飛に資料を送るだけで、 黒飛が台本を作り、たったの2.5時間の撮影と、
納品まで2週間で
治療説明動画制作が出来るのです!

こんな院長先生にオススメです

自費の契約を増やして、もっと自費率を上げたい先生。患者さんに断られたくない、売り込みと思われたくない先生。模型や市販の説明ツールではなく、効果的に患者さんに理解してもらいたい先生。スタッフや勤務医に自費診療の説明を効果的にしてもらいたい先生。スタッフや勤務医の教育を効率的にし、スタッフのレベルを上げたい先生。自費診療の説明時間を最小限にしたい先生。一度、説明した後は、患者さんからわからないと言われたくない先生。簡単に治療説明動画の作成をしたい先生。少ない投資(経費)で、最高の利益を得たい先生。即、患者さんが契約に至る治療説明動画が欲しい先生

治療説明動画に関する、よくある質問とその答え

撮影はどこでも来てくれますか?
アンサー

全国対応可能です。交通費も頂きません。
(一部、お伺いできない場所があります)

動画撮影1本につきどのくらいの時間がかかりますか?
アンサー

動画1本の場合、撮影時間は2.5時間です。
2本では4.5時間、3本では6.5時間、4本では8時間を開けて下さい。
1日で4本の治療説明動画ができると思えば、 良い投資と理解して頂けるでしょう。
(ちなみに5本ですので、9.5時間で可能です)

撮影は患者さんのいない時間にしないといけないのですか?
アンサー

患者さんのいない時間にしてください。
BGMやタービン、コンプレッサー、滅菌などの音があると撮影できない場合があり、
2.5時間を超える場合は別日で撮り直し、あるいは延長料金がかかってしまいます。

ナレーター役はどういう子が適していますか?
アンサー

セリフを見ながら収録しますので、セリフを覚える必要もありませんし、
そもそも歯科経験者である必要もありません。

ナレーター役が当院にはいないのですが・・・
アンサー

どのスタッフでもできていますので、大丈夫ですが
もしいない場合は、弊社よりご紹介できます。
1日につき5万円(税別)と交通費が追加でかかります。ご相談ください。

どんな診療でも動画制作できますか?
アンサー

ほとんど可能です。
歯科医師である黒飛が、治療説明動画の台本を作りますので、
治療、診療を分かった歯科医師が作るので この治療説明動画制作が成立しています。

動画の構成を変えたいのですが、可能ですか?
アンサー

研究と検証の結果が、現在の治療説明動画の構成となっております。
構成を変えても、あまり自費率向上につながらないと危惧しますが、
先生の方で構成を作り替えるのであれば、オリジナル動画制作となり、
別途、費用がかかります。
1本に月80万円以上かかることもありますことを 事前にご了承ください。

撮影当日は誰がいればいいですか?
アンサー

院長、施術者(院長が施術者の場合、なしでOK)、 患者さん役、ナレーターの4名が主です。
アシスタント、ケアをする衛生士も出て下さい。

セリフを考えられません。また、覚えられません。
アンサー

セリフや台本は黒飛が制作しますので、先生は添削をするだけです。
ナレーターは台本を見ながら話すので覚える必要がありません。
最初と最後のカメラ目線部分は、カンニングペーパーを読んで話しますので ご安心ください。

動画完成後の修正はどうなりますか?
アンサー

一次納品後2週間以内であれば、1回のみ修正を受け付けます。
それ以降の修正は1回につき、費用(3万円~)がかかります。
動画は、基本的に音、ナレーション、背景の動画を組み合わせることで成り立ちますので、
修正をするとなると、構成を作りかえることに なることが多いので、
作り直しと同じくらいの労力・時間がかかります。
ですので、事前に黒飛と先生で打ち合わせをする形にしております。

スタッフが辞めた場合、商品動画は作り直した方が良いですか?
アンサー

スタッフが辞めても動画は残り続けます。
出演するスタッフに辞めても使わせてもらうことを、事前に了承してもらいましょう。

ホームページに載せたいのですが・・・
アンサー

原則として、院内の患者さんに見せることが一番の活用方法ですが

治療説明動画の中の患者さんの声部分とビフォーアフター部分を
省いてホームページに載せることが可能です。

「アポツール」との連携について教えてください
アンサー

ストランザ社のアポシス「アポツール」の患者さんへの動画配信システムに
デントランスの治療説明動画を組み込むことで、インプラント患者なら
インプラントに関連したお知らせ動画を送ることができます。

別途費用はかかりますが、
見込み患者への情報提供や患者さんへの事前説明に効果を発揮し、
自費診療をかなり増やすことができます。詳しくは、黒飛までお尋ねください。

追伸

せっかくあなたが自らの治療技術を高め、最新の医療機器を導入したとしても、
患者さんが先生の自費診療に同意してくれなければ、意味がありません。

たくさんの患者さんに自費診療に同意してもらうためには、
歯科医師としての努力の他に、異なる努力が必要なのです。

治療説明動画」は、他に存在しているあらゆる説明ツールと比べて、
もっとも即効性があり、なおかつ効果がある説明ツール・自費契約ツールであると言えます。

あなたが今、歯科医院の売り上げを上げ、利益を生み出すためにすべき努力は、
治療説明動画をつくり、より多く自費診療を提供することです。

同じ歯科医師として、この歯科業界を盛り上げていきたい。
そして、頑張っているあなたに歯科医院の経営を成功させ、患者さんに理想の治療を続けてもらいたい。

私たちに、そのお手伝いをさせてください。

あなたがやるべきことは、「最初の一歩」を踏み出すことだけなのです。
あなたの人生が豊かになること、そして成功することを心から祈っています。

株式会社デントランス歯科医師黒飛一志

歯科医院専門の電話受付代行サービス『歯科コンシェルジュ』 お申込みはこちら

※ 下記フォームにご入力の上、お申込ボタンをクリックしてください。
詳細は、ご入力いただきましたメールアドレスにお送りさせていただきます。

医院名 ※ (例) あおぞらデンタルクリニック
お名前 ※ (例) 黒飛 一志
メールアドレス ※ (例) info@dentrance.jp
電話番号 ※ (例) 0120-648-075
本数
制作する診療サービス セラミック補綴治療  セレック  自費CR(ダイレクトCR)
オフィス・ホワイトニング  ホームホワイトニング 
インプラント  骨造成
インプラント矯正  予防歯科(PMTCなど)
レーザー治療  ドックベストセメント  POICウォーター
矯正(予防矯正、舌側矯正、床矯正など)
インビザラインなどのマウスピース矯正
自費義歯  歯周内科  歯周病治療  自費エンド
定期健診のススメ  中断・キャンセル予防  初診カウンセリング
他  黒飛に相談したい
一言コメント